文字の大きさ
縮小
標準
拡大
文字色・背景色

ホーム > 企業の方への情報

企業の方への情報

障害者雇用までの道のり

 

 

これまで障害者を雇用した経験が少ない企業では、「障害者にはどのような仕事ができるのだろう?」「障害者を受け入れる体制を整えられるだろうか?」などの不安があると思います。
東京しごと財団では、障害者雇用のスタートから以下のようなメニューがあります。各事業の詳細は左メニューの各ページをご覧下さい。

 

ご利用にあたって

 

雇用環境の整備段階

■ どのように障害者雇用を進めればいいのか分からない。
(1) 障害者就業支援情報コーナー で必要な情報を提供します。

■ 障害の特性や他社の取組みを知りたい。
(2) 中小企業向けセミナー や (3) 企業見学会 に参加。
(4)障害者雇用実務講座 で集中的に受け入れ体制を検討。

■ 障害者の担当業務や指導方法を検討し、雇用ノウハウを蓄積したい。
(5) 職場体験実習
障害者を職場体験実習生として受け入れることでノウハウを蓄積できます。ご相談の内容に応じて障害者雇用支援アドバイザーがイチからお手伝いします。
「職場体験実習受入企業登録制度」「職場体験実習面談会」をはじめ、実習生を受け入れた中小企業への助成制度など、実習生の受け入れについて豊富な支援メニューがあります。

雇用の検討段階 ■ 企業への就職を目指す障害者に会ってみたい。
(6) 障害者委託訓練 で障害者を訓練生として受け入れ、採用を検討できます。
雇用後

■ 雇用は決まったけれど、職場の受け入れ体制に不安がある。
■ 採用直後は良かったのに、最近職場でトラブルがある。
職場内外の環境を整えて定着を支援する (7) 東京ジョブコーチ が課題の解決や雇用環境の整備を支援します。

■ 障害のある社員の職場定着を目指したい

■ 障害のある社員にもっと活躍してもらいたい

障害のある社員をサポートする人材を職場内で養成する(8)職場内障害者サポーターにより、障害者の職場定着を推進し、社員が働きやすい環境づくりを支援します。

 

 

精神障害者の雇用を検討している企業の方へ

(9) 精神障害者雇用サポート事業により、精神障害者を初めて雇用する中小企業に対して、雇用前の環境整備から雇用後の長期サポートまで一貫した支援を行います。

 

その他の支援事業

「障害者雇用の進め方がわからない」等様々な事情の下で、障害者雇用への取組が進んでいない中小企業に対し、東京都、国(東京労働局、ハローワーク)と連携し、企業のニーズに応じた情報提供や支援メニューの提案を行う(10)中小企業に対するアウトリーチ型の障害者雇用支援事業を平成28年度より開始します。

 

各事業について

左の事業一覧をクリックしてください。目的のページが表示されます。

 

就労支援機関と目指す障害者雇用(5分25秒)

画面右下の『字幕アイコン』をクリックすると、字幕が表示されます。

就労支援機関と目指す障害者雇用内容詳細。

パンフイラスト

 

ページの先頭へ戻る