文字の大きさ
縮小
標準
拡大
文字色・背景色

ホーム > 事業活用事例集・雇用事例集 > 事業活用事例集1

事業活用事例集1

障害者就業支援情報コーナーの利用がきっかけで、自立につながった

警備員として就業中のBさん(男性)、36歳(掲載時)。

就業先では企業広報のためのDVDに出演したり、リーダー研修を受けるなどして、企業からの期待も大きい。

 

利用のはじまり

東京しごとセンターミドルコーナーの就労支援アドバイザーから聞いて、5階にある障害者就労支援情報コーナーを訪れた。

その時点では正式な障害の診断は受けていなかった。また、家族にも障害の疑いのことや障害手帳のことは話しておらず、独自に就職活動していた。

 

情報コーナーでは

障害に関する制度や支援機関の情報を教わるとともに、今考えること、すべきことを一緒に整理した。

 

障害を受け入れ、自立に向けた活動を開始

支援機関に登録し、利用が始まる。

支援機関の就労支援の一環で、東京しごと財団が実施する職場体験実習面談会等に参加し、就労の準備を行った。

 

現在(掲載時)

  • 自身の希望職種であった警備員として意欲的に働いている。
  • 警備の関する国家資格の取得を目指している。
  • 支援機関の支援員には仕事の様子を継続的に報告しており、良好な関係が続いている。
  • 障害者就業支援情報コーナーにも仕事帰りに立ち寄るなどして、近況報告をしている。

 

本人の感想(情報コーナーを利用してみて)

初めて利用したときもその後も、他では話せないようなことを話せる雰囲気が情報コーナーにあると感じた。そして、相談を終え、帰るときには身も心も軽くなったような気がしている。

 

 

ページの先頭へ戻る